読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカザンドットネット

Android Developer's memo

Scalaはじめました

Scala MacBook Programming Reading tips

ここ数ヶ月、@muxukeikeiから「ScalaいいよScala」と洗脳され続けてきたので、そろそろ触ってみようかと思い立ち色々とやってみました。
ひとまず、会津大学の創造工房で読書会をしているというScala本を購入。


Scalaプログラミング入門

Scalaプログラミング入門


昨日届いたばかりでござる。
さて、それでは環境設定について。

導入したもの

PC環境

GNU Emacs 22.1.1 (mac-apple-darwin)
of 2009-08-01 on piqsirpoq.apple.com
Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.

    • ↑起動画面より。
    • たぶんターミナルに最初から入ってたやつ。

Scala本体の導入

$> sudo port install scala

インストールはこんだけで完了。MacPorts素晴らしい。
インストールの成否は↓で確認。

$> scala -version
Scala code runner version 2.7.7.final -- Copyright 2002-2009, LAMP/EPFL

Scalaプログラムの実行

$> scala hoge.scala

でおk。

対話型で実行

$> scala
scala> println("hoge")

こんなこともできます。ちょっと試したいだけのときはこのほうが便利かも。

Emacsscala-modeを導入

普通にEmacsからScalaコードを書こうとすると
f:id:Nkzn:20100502112041p:image
こんな感じで、いわゆる「基本モード」で立ち上がってしまい、見辛いったらありません。
素晴らしいことに、先程MacPortsからインストールしたScalaには、最初からemacs向けのscala-modeの設定ファイルが入っています。
なので、ホームディレクトリの.emacs(あるいは.emacs.el)に以下の文面を書き込むだけでいいようです。

;;; scala                                                                       
 (setq load-path
       (append
        load-path
        (list (expand-file-name "/opt/local/share/scala/misc/scala-tool-support/emacs/"))))
 (require 'scala-mode-auto)

この設定をするだけで、
f:id:Nkzn:20100502112042p:image
こんな風に、綺麗に色分けしてくれるようになります。

まとめ

本当はEclipseで設定したかったんですけどね(台なし
まだEclipseScalaプラグインは未成熟過ぎて使いものにならないので、大学で使い慣れたEmacsを使おうということになりました。
Emacsは設定次第では下手なIDEよりも使い勝手がよくなるらしいので、色々と弄ってみようかと思います。

次回

Auto Complete Modeとやらに興味がある。
http://cx4a.org/software/auto-complete/index.ja.html