読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカザンドットネット

Android Developer's memo

ポメラの俺ニーズ

実は、↑の記事を書きたかったのは昨晩の帰りの夜行バスの中でした。
が、WILLCOM 03の電池が壊滅的に少なかったので断念した次第です。


「ああ、いま手元にポメラがあれば!」


あの状況で初めて、ポメラの素敵さが分かった気がします。
ポメラって、電池駆動だからバッテリー切れという概念がないんですよね。ある意味では無限の駆動時間を誇るとも言える。
自分をライターと呼べるほど自惚れてはいないつもりですが、活字・文章中毒者としては常に文字を書ける環境がないと落ち着かないので、ポメラというガジェットが如何に素晴らしいかというのが理解できます。
まあ、実際持ってたとしても、バックライトついてないから夜行バスの真っ暗な空間では文字が読めないわけですが。
次世代ポメラが出たら、バックライト切り替えボタンとか付けてくれないかなあ。あと1万円台で提供よろしく。