ナカザンドットネット

Android Developer's memo

便利さへの警鐘

スマートキーシステムは、最近多くの自動車に搭載されるようになったシステムの1つです。ドライバーが、鍵(イグニッションキー)を車に差し込まなくても、ドアに近づいたりドアノブを触ったりするだけで、ドアを解錠できます。また、乗り込んでボタンを押すだけでエンジンをかけることもできます。電子キーシステムなどと呼ばれることもあります。
ケータイ用語の基礎知識 第390回:スマートキーシステム とは - ケータイWatch

最近ハマってきた車関連の話題ということで。
そもそもキーレスとか付いてなかったアルトワークスに自前で後付けしちゃう程度には、キーレス技術というモノは必要だと思っています。鍵をいちいち鍵穴に抜き差ししてたら、鍵も摩耗しちゃいますしね。


が、ケータイにそれを繋げるのは「待った」をかけたい。
というか、ケータイに個人認証関連の全てを集約しようとする技術の流れ自体に「ちょっと待ってよ」という気持ちになる。
だってケータイですよ?
普通に家に忘れたり学校に忘れたり車の中に忘れたり友達んちに忘れたりするケータイですよ?
おサイフケータイ技術はそれらの置き忘れリスクが大した問題にならないかもしれませんけど、車となるとそうはいかない。
車で海にいって、ポチャンしたらもう帰れないですよ。どうすんですか。


その辺のリスクマネージメントがしっかりできるようになるまでは、便利さとか技術向上だけに目を向けないでいてくれることを願います。