ナカザンドットネット

Android Developer's memo

タッチパネルはどうでもいい

米アップル社の携帯電話「iPhone(アイフォーン)3G」の登場で、画面に指で触れて操作するタッチパネル方式が注目されている。この夏発売のモデルから追随するメーカーもあり、目にする機会が増えそうだ。
ケータイはタッチパネルの時代? 追随のメーカーも - asahi.com

記事の最後でも言及されているけど、「『タッチパネルだからいい』のではなく、マニュアルなしでも直感的に使えるものが求められている」のである。
少なくとも、WILLCOM 03はタッチパネルの恩恵をそこまで使いきれてない。
イルミネーションキーも「とりあえずやってみたんですけどどうですか?」といった程度。ぶっちゃけ使いづらい。歩いてる最中とか無理。
タッチパネルの便利さを感じさせてくれるのは、やはりOperaMobile9.5。タッチスクロールによるブラウザ閲覧は飽きが来ない。
最近はW-ZERO3メールを使っている最中に思わず画面をなぞってしまった。もちろん、下の方の文章を見ようとしたためである。
夏休み中によほど暇があれば、タッチオペレーションのメーラーでも作ってみようかしら。や、そんな暇あるわけないんだけども。