読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナカザンドットネット

Android Developer's memo

おさいふPontaを導入しようとした話

ポエム

何を隠そう、わたくし、学生のときからローソンポイントのヘビーユーザーでございます。

そんなもんですから、カードがボロい。

f:id:Nkzn:20151202215039j:plain

たぶん8年くらい使ってるんじゃないでしょうか。

当初はローソンでしか使えなかったポイントカードでしたが、8年経つうちにポンタカードへと名前を変え、様々な店舗で使えるようになりました。

新潟市に引っ越してきたばかりの頃のアパートは、最寄りの食料が買える店がローソン、その次に近いのがローソンでした。

車にガソリンを入れるときは昭和シェル石油で、ポイントウッハウハです。

ゲオでDVDを借りるときも、会員登録をしなくてよくなり万々歳です。

おさいふPonta is 何

最近、レジ付近で「おさいふPonta」なるアイテムを見かけるようになりました。ポップを見ると、JCBのプリペイドカード機能がついていたり、既存のカードからポイントの移行が可能だとか。

そろそろ、8年付き合ったマイローソンポイントカード君ともお別れかな。もうゴールしてもいいよね。ということで、おひとつもらってきました。

f:id:Nkzn:20151202215850j:plain

開封の儀

何はともあれ、開いてみましょう。

f:id:Nkzn:20151202220218j:plain

やけに厚いと思ったら、紙が2枚も入ってました。説明書と規約の紙ですね。まあ後で適当に読みましょう。

新旧相まみえる

f:id:Nkzn:20151202220253j:plain

f:id:Nkzn:20151202220333j:plain

ああ・・・歴史を感じる・・・

マイローソンポイントカード君と過ごした青春の日々が蘇る・・・

札幌、仙台、会津、郡山、沼津、名古屋、高知・・・日本全国、いろんなローソンに行ったね。暑い夏も、凍える吹雪の夜も、僕らは一緒にローソンに通ったんだ。

覚えているかい、君とは何度もガソリンを入れに行ったね。初期の昭和シェルのコンソールは画面構成が酷くてさ、ポンタカードにポイントを貯めたいだけなのに、クレジットカード支払いになるのか現金支払いになるのか、よくわからない表示をしていたね。今はわかりやすくなっていて、安心しているよ。

そうだ、ゲオでアナ雪のBlu-rayを借りたこともあったね。ついこないだのことのはずなのに、随分と昔に感じるよ。

懐かしいね。お別れするのは寂しいね。

でも、僕は前に進まないといけないんだ。僕はプリペイドカードという新たな力を手に入れて、浪費家になりがちな自分を戒める生活を始めるんだ。

だから、さよなら。

そして、おさいふPonta公式サイトへ

旧カードからおさいふPontaカードへの移行は、おさいふPonta公式サイトから行います。

www.osaifuponta.lawson.co.jp

f:id:Nkzn:20151202221608p:plain

さて、それじゃあ移行に  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
ん?  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
f:id:Nkzn:20151202221608p:plain  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
んん?  
 
 
 
  
 
 
 
 
 

f:id:Nkzn:20151202222245j:plain  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
オイィィィィィィィィィィ!!!!!!!

ガソリンスタンドとか一番稼げるとこじゃん! ダメじゃん!

なんなんだよ! チクショウ! 涙のお別れっぽい空気出しちゃったじゃねえか!

一応いろいろググってみたけど、まあダメっぽいという情報が強化されただけだったよ。

そんなわけで

おさいふPontaは昭和シェルでのポイント加算に対応していないため、今後ともマイローソンポイントカードを利用し続ける所存です。

昭和シェル石油の経営者、ならびにシステム部門の皆様におかれましては、是非ともおさいふPontaカードへの対応をお願いいたします。

f:id:Nkzn:20151202215039j:plain

これからもよろしくな!

「ポイント・会員制サービス」入門

「ポイント・会員制サービス」入門

「ポイント・会員制サービス」入門―会員組織の構築と改善、成功のポイントと未来戦略

「ポイント・会員制サービス」入門―会員組織の構築と改善、成功のポイントと未来戦略

🍺エチゴビール ペールエール🍺

Beer 2 Advent Calendar 2015の2日目だよ〜。昨日はたろうくんでした。

新潟県民なので新潟の話をします。新潟といえば米だのお酒だのいう人たちがいますけどね。私にとっての新潟はビールとラーメンです。

というわけでそろそろビールの話をしましょう。

エチゴビールとは

f:id:Nkzn:20151201204836j:plain

クラフトビール好きの諸兄なら、一度は見たことがあるブルワリーではないでしょうか。エチゴビールは、日本第一号の地ビール醸造所です。

旧来、ビール醸造所の免許をもらうためには、年間最低でも2000キロリットルの生産能力が必要でした。しかし、平成6年に酒税法が改正され、年間60キロリットルにまで条件が緩和され、国内に多くの地ビール醸造所が生まれ始めました。

そんな流れの中、国内で真っ先に産声を上げたのが、我らがエチゴビールです。

その後も県内には多くのブルワリーが生まれましたが、エチゴビールは現在も存在感を持って、コンビニやスーパーにも並べられています。

ペールエール

というわけで、今回はペールエールをご紹介します。

f:id:Nkzn:20151201203612j:plain

実はうめえうめえと飲んでいるうちに飲みきってしまい、これしか写真を撮っていないのです。反省。

フルーティーで苦味のある、素直なペールエールです。ビンの無濾過ビールを飲んだので、香りも豊かで、クラフトビールを飲んでるーという気持ちになれました。

思えば、僕が初めて飲んだペールエールってこれなんじゃないかしら。

あまり苦いのが得意でない方でも、割といけるのではと思います。

飲めるお店

新潟駅万代口から徒歩3分、ダイニングスポット「JOJO」に行けばほぼ確実に飲めます。

他のエチゴビールも樽生で提供されていたりするので、新潟にお越しの際は是非お立ち寄りください。

明日

明日の担当は、新潟が誇るビール系エンジニア、@yutacarさんです。エチゴビールに勝るとも劣らぬ名ブルワリー、スワンレイクビールの話をしてくれるそうで、非常に楽しみです。

反響

本家からコメントを頂きました。恐縮です((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

Code SchoolのAngularJS入門がとても良かった

JavaScript AngularJS Ionic

Ionicを勉強する機会があったので、基礎学習として元になっているAngularJSについても勉強してみました。

色々探してみて、最終的に公式サイトのメニューからたどり着いたのがCode Schoolのチュートリアルです。

www.codeschool.com

Code Schoolを利用したのは今回が初めてでしたが、動画レクチャーとハンズオンを交互に行うスタイルはインプットとアウトプットのイテレーションを素早く回せてよいですね。

また、授業の内容も上手に組み立てられていたように思います。一歩ずつ丁寧に説明してくれるので、頭の中にブラックボックスを作らずに理解を積み重ねていくことができました。特にありがたかった点は、一度たりとも$scopeが登場しなかったところです。

$scopeは使わなければならないのか?

続きを読む

珈琲倶楽部のホームページ戦略どうなってんだと思ったお話

普段からデスクワークが多い方々の中には、コーヒーを一日中飲んでいるような方を多く見かけます。私は睡眠に影響しやすいので1日数杯といったところですが、まあコーヒーは好きな方です。

さて、新潟市で生活していると「珈琲倶楽部」という喫茶店をよく見かけます。 会社の近くには笹口店があってときどき足を運んでいますし、ギークハウス新潟の近くには石山店がありました。

フランチャイズ展開で店舗数を伸ばしているらしいというのは風の噂で聞いていたので、職場の場所が変わったり家を引っ越したりした時には、近所にも店舗がないか探してみたくなりますよね。そんなときに役立つのが「店舗一覧」のようなページを持ったホームページでしょう。きっとホームページを探せば、近場の店舗も見つかるはずです。

しかし、それが難しい状況になっているのです。

okwave.jp

実は、前述の笹口店や石山店のリンクを見てみると、Webへの情報公開の方法がバラバラなんですね。

どうやらこの珈琲倶楽部、本部のようなところでホームページを取りまとめるようなことはせず、広報周りを各店舗に丸投げしているようなのです。独自性を尊んでいるのでしょうけれども、探す方からすると検索性が悪すぎです。単純に比べられるものでもないですが、おとぎや珈琲店あたりは見やすいのになあと感じてしまいます。

いい機会なので、現状を調べてみました。新潟でWeb製作している方は提案のいいネタになると思うので、なんとかしてくれると珈琲好きとして嬉しいです。

続きを読む

Code for Niigata 真夏のハッカソンに参加してきたよ #c4ngt

勉強会

Code for Niigataのイベントがあったので参加してきました。

8/1-8/2に「真夏のハッカソン!」( #C4NGT )を開催します!! | Code for Niigata

前夜に突発的に参加を決めたため 家庭の都合により、2日間構成の1日目のみの参加となりました。しかも、

出入り自由ですので、ご都合の良い時間のみの参加でも全く問題ありません

と書いてあったので、完全に鵜呑みにして、13時から18時までという中途半端な時間だけいた感じでした。(自分が一番半端かと思ったら、夕方に1時間だけいた @ パイセンのほうが半端だったのでちょっと安心した)

色々と雑多に感想を書いていこうと思います。

会場について

f:id:Nkzn:20150802000042p:plain

http://tsubamesanjo-style.jp/

今回のイベントは、昨年の秋にオープンした、燕三条トライクというシェアスペース(コワーキングスペース?)で行なわれました。知りあいづてに存在は知っていたのですが、行くのは今回が初めてです。

感想としては、めっちゃ雰囲気のいい古民家でした。*1

*1:元商店らしいので、古「民家」ではないのだけれども

続きを読む

Icepickにノスタルジックな変更が入りました

Android ポエム

ポエムです。

皆さん、Icepickをご存知でしょうか。ActivityやFragmentに書いたプロパティをSavedInstanceStateで保存/復元する責務だけを持つ、アンチAndroidAnnotations界隈では人気のあるAndroid向けライブラリですね。

このIcepickに、下記のコミットが行われました。

github.com

さよなら、@Icicle。

分かる人には分かる、寂しい変更です。この記事ではAndroid界の老害たちに向けて、昔を懐かしむ話をしたいと思います。

続きを読む

読み書きソロバンから、読み書きコンピュータへ

雑想

BBCさんの取り組みがあまりにもアツくて、ちょっと気持ちが盛り上がってしまったので、今回は珍しく、かなりポエミーな内容を書きたいと思います。

読み書きソロバンの時代から、読み書きコンピュータの時代へ。

英国BBC、ミニ基板コンピュータ『Micro Bit』100万台を無償配布。中1生全員にコーディング教育 - Engadget Japanese

全ての人がコンピュータを自在に操れる数十年後の世界に向けての取り組みが、どんどん増えてきています。

Scratch - Imagine, Program, Share

Kano - Make a Computer

こういった取り組みへのコメントを見ていると、「普通の人がコンピュータを覚える必要なんて無い」と言った意見を見かけます。これは、昔の下流階級の人々が「普通の人が文字を覚える必要なんて無い」と言っていたのと同じことだと、私は思ってます。

手紙を書くにも、文字の読み書きができる人を探してきて、お願いするなりお金を払わなければいけなかった時代。現代の、プログラミングができる人、できない人の関係と似ていますね。

プログラマーは職を失うのか

(私はプログラマーなので、ここから先の話はプログラミングに寄ります。コンピュータの広大な分野の中から一部分だけをピックアップすることをお許し下さい。)

こんな話をすると、「普通の人がプログラミングできるようになったら、プログラマーが職を失うじゃないか」という話が出てきますが、そうです、一般の人々が最低限作れるような、メモ書きレベルのプロダクトしか生み出せないプログラマーは職を失います。代筆を生業としていた人々も、同じく職を失っていったのでしょう (要出典) から、自然な流れです。

では、文章を書くプロの仕事はなくなったのでしょうか。そうではないのです。 作家、記者、詩人、作詞者、脚本家。現代でも、文章を書くことを生業にする人たちは、確かに残っているのです。

プロであるということ

プログラミングによってものを作る職業は、きっと無くなりません。

ですが、おそらく、他人に頼まれたものをそのまま作る、という仕事は、少しずつ少しずつ、なくなっていくのでしょう。だって、ちょっとしたものならば、世間一般の(私達の子の世代や孫の世代の)人々は、自分で作れてしまうのですから。現在でも、Excelを上手に扱える人々は家計簿ソフトなどを買うことなく、家計簿を電子的に作成・集計できている*1ことを考えると、その片鱗は少しずつ現れているとも言えます。(Excelの式を書く作業は紛れも無くプログラミングです)

基板となる技術が一般に普及した後にも、生業としてお金を稼ぐことができるのは、その技術を「上手く」使って、他人にとって価値のあるものを生み出せる人です。私は、そう思っています。

識字率の上昇に伴い職を失っていった人がきっといたように、識コンピュータ率の上昇によって、職を失う人々が出てきます。でもきっと、その後にプロの仕事として残ったものが、プログラミングの、エンジニアリングの、本質的な価値なのではないでしょうか。

10年後なのか50年後なのか分かりませんが、そんな時代がいつかやってきます。

その時に向けて、エンジニアとしての自分の価値を、見直し続けていけたらいいなと、そんな風に思うのです。

どっとはらい。

反省会

タイトルはソロバンとコンピュータの対比みたいになってたのに、実際には識字率にしか注目していなかったことに書き終わってから気がついた。まあ寺子屋教育が日本にもたらしたもの的なニュアンスでなんとか。

*1:もちろん、クラウドにアップロードしたりといった付加価値の点では、市販のものに分があります