ナカザンドットネット

技術系とかITコミュニティ系のお話

僕がEclipseをやめてAndroid Studioを使っている10の理由

どうも、nkzn.netの更新を忘れてて転売屋に取られた人です。

今日はAndroid Bazaar and Conference 2014 Springですね。僕は業務都合的なアレで今回のABCに参加できないため、夜の裏会だけ行きます。

ただ、全くなにもしないのも寂しいので、景気付けに1本記事を書かせてもらいました。Effective Androidトラックの発表内容とネタ被りしたらごめんな!!

たぶん@とか@さんがこの記事より良いこと喋ってくれると思うので、みなさん秋葉原UDXで著者たちと握手!!(宣伝)

はじめに

さて、ここ何ヶ月かで、「実際Android Studioどうなん」という質問を受ける機会が増えてきたので、ここらで一度、僕がAndroid Studioを常用していて嬉しいと感じていることを書きなぐってみました。

昨年11月から、業務で約4ヶ月使ってみての感想です。新人研修にも1ヶ月ほど使ってみています。

前半はどちらかというとAndroid Studioを使うことで利用可能になるGradleがいいよね的な話、後半はAndroid StudioというIDE自体の話です。

IntelliJ IDEA + Android Pluginでも同じようなことできると思うので、「IntelliJ IDEAを使うべき〜」に読み替えてもいいです。Android StudioをやめてIntelliJ IDEAを使うべき10の理由を書きたい人は是非お願いします!!!

※ここ4ヶ月、ほとんどEclipse+ADTの環境を触っていないので、「それEclipseでもできるよ!!!!」なことがあったらごめんなさい&お知らせください

1. Gradleが標準ビルドツールとして採用されている

この記事を書き始めたモチベーションはこれが8割です。でも書き終えてみたら愚痴ばかりであんまり面白くなかったので、読み飛ばして次へ行ったほうがいい気がします。

読み飛ばす方のための1行まとめ:Android Studioが標準対応しているGradleは、Androidアプリ向けのビルドツールとしてAntやMavenより柔軟で使いやすいので良いよ!!

原初の時代:Ant

Eclipse(というよりは、旧来のAndroid App Projectの構造)では、コマンドライン向けの標準ビルドツールがAntでした。で、Eclipseからならサクッとできる方法が、コマンドラインからだとクソ面倒くさかった印象があります。

模索の時代:Maven

ビルドプロセスやライブラリ依存性をもっと柔軟に管理したかった人々が次に手を出したのがMavenでした。MavenにはMaven Central Repositoryというライブラリ置き場があり、設定ファイルにライブラリ名とバージョンを記述することで、ライブラリをダウンロードしてきてプロジェクト内で利用できるという、バージョン管理システムに優しい感じの仕組みもあり、有望かと思われました。少なくとも、コマンドラインからビルドやテストが実行できるという点で、CIのしやすさという条件は満たしていました。

が、そもそもMavenの設定ファイルであるpom.xmlはちょっと闇が深い系のアレであったことや、公式ツールではないことによる不安定さ(環境を安定させるために熟練の業を要した)、環境構築の度にmaven-android-sdk-deployerを実行するのがダルい、などの理由により、使いやすいかと言われるととても頷けるものではなかったと思います。

新たなる息吹:Gradle

そこにGoogleが公式にぶっ込んできたのがGroovyベースのDSLであるGradleとなります。手続き型な感じのスクリプトで、個人的にはMavenXMLよりも何が書いてあるのか読みやすいと思いました。また、Maven Central Repositoryも利用できるため、ライブラリの取得も容易です。Groovyがそのまま書けるため、いざとなれば柔軟な処理も書けるのも、ポイントが高いところです。

Gradle Wrapper(gradlew, gradlew.bat)の仕組みにより、デベロッパーの手元にシェルやbatの実行環境(と、Android SDKへのパス)があれば、それだけでプロジェクトのビルドができてしまう点も、チーム開発やオープンソース開発を行う上では嬉しい点です。

そして、Android Studio側でビルドなボタンを押した時の挙動は、コマンドラインから ./gradlew assembleDebug をしたときと同じ。もう「IDEからは動くのに、コマンドラインからだと動かない」なんて謎現象に悩まされる必要はありません。*1

何を言いたかったかというと

Mavenでプロジェクト管理するの凄く苦しかったからGradleで管理できるようになって嬉しかった。(私怨 && 小並感)

2. dependencies設定でライブラリ取り放題

さて、Eclipse+Mavenだとpom力(ぽむりょく)を磨かないといけなくてマジファックでしたが、Android Studio + Gradleでは、↓のようなコードをbuild.gradleの中に書くだけでライブラリのダウンロードを行い、Androidアプリの中で使えるようにしてくれます。

dependencies {
    compile "com.nineoldandroids:library:2.4.0"
}

compile "group_id:artifact_id:version" な感じですね。Mavenの枠組みで配布されているライブラリはこれで取ってこれます。DaggerだってPicassoだってすぐに使えるようになります。

GradleやAndroid Studioはまだまだ浸透してきたとは言いがたいですが、Maven Central RepositoryでJARライブラリを公開するのはJava界隈で既に広く浸透している文化ですので、この仕組みによって得られる恩恵は計り知れないと言ってもいいでしょう。

ライブラリ導入のコストが滅茶苦茶下がりました。やったね!!!

3. AARなライブラリプロジェクトもdependenciesで取ってこれる

AARはAndroid ARchiveの略らしいです。JARのAndroid版だという認識ですけどよくしらない。どうやらライブラリプロジェクトをビルドしたときに生まれる、ファイルとしての実体みたいですね。(そういう意味では、APKファイルに類する存在なのかも)

さて、この形式のライブラリプロジェクトは、作者が頑張ってくれている場合、gradleのdependenciesで取ってこれます。

詳しくはゆーいち先生の記事を御覧ください。

実際にこの形式で配布されているライブラリとしては、@さんのIndirectInjectorなどがあります。

4. ビルドの種類を定義してソースフォルダ単位で切り替えられる

社内向けデバッグ用、モニターユーザー向けリリース用、Playストア向け無料版リリース用、Playストア向け有料版リリース用、などの切り替えを、ビルド時にコマンドによって切り替えられる機能があります。Build TypeはDebugとReleaseの2種類ですが、Product Flavorは任意の数だけ用意できるので、色んなパターンのアプリを作らないといけない場合には便利な機能ですね。

下記の記事が詳しいです。

Build Variants によって別バージョンの Android アプリを同じプロジェクトからビルドする (Gradle 使用) - ひだまりソケットは壊れない

5. Android Studioのプロジェクト設定がGradle依存

f:id:Nkzn:20140320232131p:plain

プロジェクトフォルダの構造が少し複雑になってきたりすると、ソースが入ったフォルダをビルドパスに追加し忘れる凡ミスにより、上手くビルドできなかったりした経験はないでしょうか。

Android Studio + Gradleの環境では、settings.gradleやbuild.gradleに記述した内容がAndroid Studioのプロジェクト設定に直接反映されるため、そういったミスが起きづらくなっています。

また、チーム開発時にも、IDEの初期設定に割く時間を減らせそうです。

Intellij IDEAみたいに Mark Directory As > Test Source Root みたいな感じでIDEからソースフォルダを指定したくなるときもありますけどねー。

6. 画像リソースの小さいプレビューがXMLJavaから見える

f:id:Nkzn:20140321001504p:plain

JavaXMLで、drawableリソースの中身がエディタの左端に出てきます。

f:id:Nkzn:20140321001540p:plain

Javaのほうは式として成り立っていなくても出てきたので、判断基準が結構適当みたいです。

7. colorリソースの色がXMLJavaから見える

f:id:Nkzn:20140321000328p:plain

JavaXMLで、colorリソースの色がエディタの左端に出てきます。

color.xmlはなかなか壮観ですね。

f:id:Nkzn:20140321000713p:plain

いまどんな色が画面に出ているのかコードを書きながらイメージしやすいのは、嬉しい時もあるのではないでしょうか。(実はあんまり嬉しい場面が思いついていないけど綺麗なので挙げた)

8. 各種リソースの参照が文字として見える

f:id:Nkzn:20140320234612p:plain

XMLファイルやJavaファイルの中で、dimenやstringで定義した要素の値が、一時的に置き換えて表示されます。実際のファイル上で指定した値が書き換わるわけではなく、あくまでも見た目だけで、マウスオーバーすると元の値を見ることができたりします。

実際には↓のようになっているファイルも・・・

f:id:Nkzn:20140320235104p:plain

こんなふうに見えます。

f:id:Nkzn:20140320235151p:plain

Javaの中でgetString(resId: int)で呼ばれている値も同様に置き換えられます。

f:id:Nkzn:20140320235839p:plain

↑これが↓こうなる

f:id:Nkzn:20140320235854p:plain

これで、「あれ、このstringリソース、中に書いた日本語なんだったっけ?」とか「このdimen、実際には何dpだっけ?」なんて悩まずに済みますね!

9. レイアウトXMLテキストエディタモードでもリアルタイムプレビューできる

f:id:Nkzn:20140320233553p:plain

レイアウトのXMLを編集すると、ほぼリアルタイムでプレビューに反映されます。Android Studio登場以前から、IntelliJ IDEAでAndroid開発をする際の魅力的な機能として挙げられていました。

何を置くとどんなふうに見えるのか、トライアンドエラーが大変捗るので、デザイナーさんやAndroid初心者なプログラマーの人にレイアウトXMLを勉強してもらう際にも、効果バツグンです。

10. Kotlin言語が使える

Android StudioJetBrains製のIDEであるIntelliJ IDEAをベースにしているので、ちゃんと設定すればKotlin言語を利用することができます。Androidで使えるベターJava言語を探している方にオススメです。

Null-safety機能すっげえいいよ!!!!

まとめ

現状、僕がEclipseを使う理由は(業務上やむを得ないアレが無い限り)どこにもありません。*2

でも僕が魅力を感じているのはどちらかというとGradleのほうなので、ADTがGradleに対応したらそれはそれで触ってみたい気がします。

今回は「IntelliJ IDEAが元々持ってた良さ」みたいなものは基本的に挙げなかったので、他にもAndroid StudioやIDEAを敢えて使う利点はありそうです。そのへんは他の方が記事書いてくれてると思うので、探してみてください。

それでは、良いAndroidアプリ開発ライフを。

あわせて読みたい

Android StudioでEclipseのアレをやるには? - _development,

*1:もちろん動かない時はどっちでも動かない

*2:フォーマッターの取り回しでいうとEclipseのほうが良いけど

第36回 長岡IT開発者勉強会 #nds36 に行ってきました

第36回勉強会(2014/03/15) - 長岡 IT開発者 勉強会(NDS)
http://nagaoka.techtalk.jp/no36

今回のNDSは盛り沢山でしたね。2回発表した人が3人いたので輪をかけてボリュームが凄いことに。

というわけで、スライドが公開されているものはスライドも込みでレポしていきます。

メインセッション:Go言語入門

@さんによるGo言語についての入門セッションでした。

Go Playgroundというサイトを知れたのが個人的には一番の収穫でした。コードをその場で実行して試せるのもさることながら、Gistみたいに書いたコードに固有のURLを付けて、他の人に動作可能な状態で見せることができる。すごく便利。Gistにこういう機能付いたら面白いんだけどなあ。

全体を通して、golangへの見方が僕の中でガラッと変わったと思います。モダンなプログラミング言語なので、高級寄りの言語なのだろうと思ってました。が、実際に蓋を開けてみると、確保するbit数が違うintNNなプリミティブ型があるし、スライスなんてもろにポインタを意識してるし、かなり低級寄りでした。

正直ポインタが学生のときに習ったときのふわっとした理解のままで止まっているので、ガッツリとポインタが出てくる言語は使える気が全然しないですが、@hayajoさん的には「ベターCというよりもミニマルC」という印象らしく、実際に仕様もかなり小さいみたいです。

あ、golangのinterfaceの考え方がTypeScriptのinterfaceとかなり近い感じがしたんだけど、この辺なにか言語作った人たちの間でのシンパシーがあったのだろうか。興味深かったです。

サブセッション:いろんな言語たち

いちおう公式からのレギュレーションとしては

1言語につき何人話してOKです!
レガシーでも最新でも、初級から上級まで「言語」をテーマに含めてくれればなんでもOKです。(ただなにもその知識がない人向けにも、さわりだけでも話してもらえると助かります)

とのことでした。

続きを読む

Android Studio 0.4.4でKotlinを使う設定の覚え書き

最近のAndroid Studioでも動くのかどうかよくわからんかったので、調べてみました。

対象読者

Android StudioでHelloWorld作ったりエミュレータデバッグをするくらいならできる人。

Kotlinプラグインを入れる

Preferences(MacならCommand+,)から、設定画面を開きます。

f:id:Nkzn:20140211145725p:plain

Pluginsの画面で、Browse Repositories...を押してウィンドウを開きます。

f:id:Nkzn:20140211145840p:plain

出てきたプラグイン群を右上のテキストボックスで絞り込んで、Kotlin関連のものだけにしましょう。

Kotlinプラグインを右クリックすると出てくるDownload and Installを押してしばらく待てば、Kotlin環境の導入は完了です。PreferencesのOKを押すと再起動を求められるので、再起動しておきましょう。

動かしてみる

JetBrains / kotlin-examples https://github.com/JetBrains/kotlin-examples

公式サンプルである↑の /gradle/android-mixed-java-kotlin-project/Android Studioにインポートしましょう。

たぶん動くと思います。

設定内容が気になる人は、↓のページを見ながらAndroidSample/build.gradleを眺めてみてね。

http://blog.jetbrains.com/kotlin/2013/08/working-with-kotlin-in-android-studio/

まとめ

公式のサンプルコードが古すぎて動かなかったので、修正してPull Request送ったんだけど、余計なコミットを入れすぎて指摘の手間をかけてしまい、JetBrains社のNatalia氏には大変ご迷惑をおかけいたしました(´・ω・`)

Android Studioのレイアウトプレビューが全角の<>を><として認識する問題

Android Studioにちょっと不思議なバグがあったので備忘録として残しておきます。

バージョン

Android Studio (Preview) 0.4.4 (Mac版)

f:id:Nkzn:20140211132818p:plain

現象

レイアウトXMLandroid:textに大なり記号(>)を書くと、プレビューで小なり記号(<)として表示される。

コード

f:id:Nkzn:20140211132655p:plain

プレビュー

f:id:Nkzn:20140211133345p:plain

小なり記号は?

逆もまた然りです。コード内にを書くと、プレビューでになります。

ビルドすると?

アプリを実行すると、普通にコードに書いたままの表示になりますので、ぶっちゃけ気にしなければ問題ない感じです。

プレビュー単体の問題っぽいですね。

半角の場合は?

XMLなので、大なり記号は>、小なり記号は<と書くことになりますが、どちらもプレビュー上で普通に表示されました。

さて、なんだろう、これ。後でバグ報告送っとこう。

Android版Facebookアプリ内で使われているOSSを眺めてて見つけた43のライブラリ

メニュー>概要>ライセンス の中にあるアレですね。

なんか良いUIライブラリ見つからないかなーと思って探し始めたら、案外と色々入ってて心折れそうになった。

どこで使ってんだよそれ感高い奴もかなりありますし、明日からでも使ってみたいJoda-Timeのようなライブラリもありました。コピーレフトで仕方なく書いてあるんだろうなあ的な、内部ライブラリっぽいものは省いてあります。

さあ、頑張ってみていきましょう。

AChartEngine

https://code.google.com/p/achartengine/

グラフとか書ける系のアレ。

Application Crash Reporting for Android

http://acra.ch/

通称ACRA。クラッシュレポートをPlayストアとは別に収集する系のアレ。 某秋田の地ビールとは関係ありません。

ActionBarSherlock

http://actionbarsherlock.com/

元祖・Android 2.xでもActionBarが使えるライブラリ。 そのうちActionBarCompatに書き換わったりするのかなあ。

続きを読む

#MFT2013 で見つけた色んな時計

Maker Faire Tokyo 2013に行ってきました。
気付いたら色んな時計の写真を撮っていたので、この場でご紹介します。

ニキシー管

シュタゲにすぐに結びつけるのは安直かもしれませんが、やはりというかなんというか、時計制作の一番人気はニキシー管でした。

f:id:Nkzn:20131105235249j:plain
f:id:Nkzn:20131105235251j:plain
f:id:Nkzn:20131105235253j:plain
f:id:Nkzn:20131105235254j:plain
f:id:Nkzn:20131105235255j:plain

VFD

昔の車のアクセサリを思い出す感じの蛍光表示管も割と人気でした。

f:id:Nkzn:20131105235455j:plain
f:id:Nkzn:20131105235458j:plain
f:id:Nkzn:20131105235616j:plain

その他の時計たち

なんかカラフルな時計

f:id:Nkzn:20131105235919j:plain

アクリル板に傷つけてニキシー管的に表示してるやつ

f:id:Nkzn:20131106000112j:plain

なぜか常にNTPサーバーと同期しているやつ

f:id:Nkzn:20131106000124j:plain

やっちまった時計①「NAND回路だけで作った時計」

f:id:Nkzn:20131106000508j:plain

学生さん。『教科書に作れるって書いてあったから本当にやってみました』とのこと。
デバッグ用のLEDがいい味出してる。

やっちまった時計②「オシロスコープ時計」

http://oscilloclock.com/ の中の人。
なんていうか色々とおかしい。
電子銃こそオシロスコープを分解して流用しているので自作していないが、基板やソフトはフルスクラッチ。基板は自前でエッチングを行い、ハンダ付けも手作業でやるという恐ろしい手のかけ方。

これが波形とは信じがたい・・・

f:id:Nkzn:20131106000925j:plain
f:id:Nkzn:20131106000922j:plain
f:id:Nkzn:20131106000924j:plain
f:id:Nkzn:20131106000927j:plain

まとめ

みんな時計好きだな!!!!

Scala入学式 #NDS33 で長岡に行ってきました

f:id:Nkzn:20130929101652j:plain

ドーモ、テイトク=サン。ナカザン=デス。

9/28に新潟県長岡市で行われた、第33回長岡IT開発者勉強会に行ってきました。

今回は「Scala入学式」と銘打って、 id:nkgt_chkonk さんプロデュースによるハンズオンイベントでした。
僕も2ヶ月前くらいからちょこちょことScalaをやっていたので、これは参加せにゃならんということで行ってきました。

結論から言うと大満足なイベントでした。今回は、その報告を書こうと思います。

※他の人の記事はこちらから→ http://nekogata.hatenablog.com/entry/2013/09/28/185217

やったこと

内容と感想を並べていきます。

入学試験(事前準備)

資料→ https://gist.github.com/Shinpeim/db00b073f7acd6d5b918

まずは環境作りから。
IntelliJ IDEAとSBTを利用する形の、スケールしやすい形の開発環境を揃えてくれていました。
HelloWorldまでしかやらない分には、実はIntelliJ IDEAだけあればできてしまうので、「なんでわざわざSBT依存の実行環境にすんねん!いちいちrun叩くの面倒やろ!」とは思ったものの、Java文化圏最大のライブラリアーカイブMaven Central Repositoryからデータを引っ張ってこれるというのはかなりの強みなので、まあ覚えておいて損はないのだろうと思いました。
テスト実行とかもコマンドラインからできるので、Jenkinsに載せてCIする場合にもSBTが便利なんでしょうね。

第1部 Better JavaとしてのScala

資料→ https://gist.github.com/Shinpeim/6740436#file-00-md

スーパー写経タイム。
とりあえずclassとかobjectとかtraitとかを自分の手を動かして作りながら、初期化の仕方や構文などを学びました。
printlnで表示する内容がドラクエじみていたというか、テーブルトークRPGじみていた点が分かりやすくて面白かったです。Weaponトレイトとかテンション上がりましたわー。

第2部 もっとScala!

資料→ https://gist.github.com/Shinpeim/6740436#file-01-md

  • 基本的なデータ構造の1つであるリストの扱い方
  • パターンマッチ
  • Option型
  • 関数型としてのScala
    • foreach
    • map(flatMap)
    • filter
  • 実は↑はfor-yieldに書き換えられるよ的な話とか

みたいな感じでモリモリとScalaの便利な仕組みについてお話ししてもらってました。ハンズオンちょっと少なめ。

資料の方には書いてあったけど、リストのimmutableとmutableの違いについては言及されなかった気がする。
immutableなリストをfilterやmapで加工したときに出てくるリストは、元々のリストオブジェクトを変更したわけではなくて、新しいオブジェクトが生成されてる、という認識でよかっただろか。

第3部 ぬるぽガッbotを作ろう

資料→ https://gist.github.com/Shinpeim/6740436#file-02-md

Twitter4Jを使って、タイムライン上に現れた「ぬるぽ」に対して「ガッ」をリプライするプログラムを作る時間。

初期設定をしている間に、作者のヒゲメンが反応してくるという一幕も。

Javaのライブラリを普通にScalaへ取り込んで利用することができるんだよー、といういい例だったと思いました。

最終的にはこんな感じに↓

まとめ

f:id:Nkzn:20130929110743j:plain

新潟県はニー型圏!

静的型付け都市、ニー型!!!!!

圏論都市、ニー型!!!!!

素晴らしいイベントでした。まる。

May the Type be with you...